「一人暮らしにおすすめベッド!狭いスペースに置ける&激安特集」一覧

一人暮らしにおすすめの省スペースに置けるベッド、狭い部屋でも圧迫感を感じさせないベッドを集めました。一人暮らしを始める学生さん、新社会人さん、転勤&単身赴任をする方向けにリーズナブルで高品質なベッドを取り揃え。安心価格が魅力です。

狭いスペースに置ける&激安ベッド人気ランキング

一人暮らしベッドの選び方

一人暮らしの部屋はワンルームや1Kなど部屋が6畳~8畳あたりが多く、家具で最もスペースを必要とするベッド選びは重要です。

限られた部屋のスペースの中で何を優先するかでベッド選びも違ってきます。ベッド以外の家具をどうするのか、例えば、ソファを置きたい、テーブルもTVボードも必要。

 

  1. ベッドを少し小さめのサイズにして二人掛けソファを置く。
  2. ベッドはゆったりサイズでソファは一人掛けを置く。
  3. ベッドを脚付きマットレスにしてソファ代わりにも使う。

 

このようにいろいろなパターンが考えられます。どのサイズのどの家具を置くか、レイアウトをどうするのか?動線はどうするのか、などなど紙にイメージ図を書いて考えるのも参考になります。そんなイメージやレイアウトも考えながら一人暮らしをする人のライフスタイル別にベッドの選び方を考えて行きたいと思います。

 

学生さんのベッド選び

一人暮らしを始める学生さんのベッド選びでは2つのパターンが考えられます。

  1. 大学生としての間だけ使える丈夫で安い価格のベッド。
  2. 大学生活を終え、社会人となった時、実家に戻るor一人暮らしを始めるときも使えるベッド。

 

このように大きく分けると2つのベッド選びがあると思います。それぞれどのようなベッドがおすすめなのか見ていきましょう。

 

期間限定で使う安い価格のベッド

大学生活の一人暮らしの期間だけ使えればいい、そう考える人も多いベッド。4年程度の期間なら高価なベッドよりも安いベッドを選びたいですね。

安くても高品質なベッドはあります。安いものなら1万円台後半~販売しています。選ぶポイントはこの2つ。

  • 部材の少ないシンプルなベッド。
  • 狭い部屋でも圧迫感を感じさせない低いベッド。

 

安い価格で高品質、部材が少なくシンプルで圧迫感を感じさせない低いベッド。この3つの要素があてはまる一人暮らしの大学生さんにおすすめのベッドはこの3タイプ。

 

学費、アパートやマンション費用など経済面でも大変な大学生さんには、安くておしゃれ感もあるベッドがおすすめです。

 

新社会人さんのベッド選び

新生活を始める社会人の方が選ぶベッドは、女性ならおしゃれ、かわいいベッド。男性ならおしゃれ、カッコイイベッド。そして機能的、使いやすいベッドがおすすめです。ポイントはこの3つ。

  1. 棚orコンセントが付いている
  2. 照明が付いていえる
  3. 収納がついている

 

ベッドにインした後も携帯(スマホやiPhone)で使う人も多いと思います。充電しながら使う人、寝るときに充電する人も、携帯が置ける棚と充電できるコンセントが必スではないでしょうか。

さらに部屋の照明を消したあとも、間接照明のような枕元を照らすような照明があればさらに便利です。

3つめの収納は収納の少ない一人暮らしの部屋では重宝します。大きめの荷物をしまうのはもちろん、部屋に溢れる見せたくない生活感のあるものを恋人が訪れたときに「さっと隠す」のにも便利です。

若い世代の一人暮らしでは、おしゃれ、かっこいいだけでなく、清潔感にもこだわりたいですね。

そんな新社会人さんにおすすめのベッドはこちら

  • 間接照明やスリムな棚が付いたもの、おしゃれなステージタイプのベッドフレームなど好みのものが選べるロータイプのフロアベッド
  • 3タイプある収納ベッドの中でも見た目のデザイン性を損なわない引き出し付き収納ベッド

 

女性の一人暮らしではコンパクトサイズも選べるチェストベッド人気です。

 

社会人となり、一人暮らしを満喫する人には長く使えるベッドが条件です。リーズナブルでも機能性、デザイン性に優れたベッドがおすすめです。

 

転勤族、単身赴任のベッド選び

転勤or単身赴任をする一人暮らしの中高年向けのベッド選びでは、引っ越しのことも視野に入れる必要があります。

ここでは家族と一緒に転勤される人ではなく、一人暮らしをされる転勤族の人を対象にベッド選びを考えたいと思います。

会社の辞令は突然のことが多いと思いますが、そんな急な引っ越しでも対応できるようなベッド選び、転勤or単身赴任が選ぶベッドのポイントはこの2つ。

  1. 組立orばらしが簡単な部材の少ないベッド
  2. 狭い部屋でも置けるシンプルなベッド
  3. 寝心地のよいベッド

 

それぞれ理由を見ていきましょう。

 

組立orばらしが簡単な部材の少ないベッド

転勤族・単身赴任では2年~3年ごとに移動される人も多いと思います。初めての会社からの異動の辞令。このときはじめてベッドはどうするか考えることになります。

引っ越しのことを考えて置く必要があります。できるだけ組立が簡単なベッドを選びたいですね。2年~3年と言ってもあっと言う間です。煩わしい作業はできるだけ負担を少なくしたいものです。組立が簡単なものはばらしも簡単です。

 

狭い部屋でも置けるシンプルなベッド

一人暮らしをする部屋は比較的狭いスペースが多いと思います。シンプルに部屋を使いたいならヘッドボードのないベッドもおすすめです。

 

寝心地のよいベッド

転勤族・単身赴任で一人暮らしをする中高年の人は仕事で疲れ、家に帰ってきても一人と何かと気の休まる時間が少ない。

寝るときくらいは寝心地のよいマットレスで疲れを取りたいですね。部材の少ないベッドは比較的リーズナブルです。安くベッドフレームが購入できた分、マットレスを少し良いものにランクアップするのもいいかも知れませんね。

 

まとめ

一人暮らしにもいろいろな違いがあります。世代や、おかれている状況によって生活スタイルも様々です。

自分自身のライフスタイルに合ったベッドを選ぶことで、買ってから後悔することも無くなります。ベッドは価格こそ1万円台から購入できますが、大きな家具です。処分費を考えるとそうそう買い替えることが出来ないものです。

ベッドをどう使いたいのか、ベッドに寝ること以外の付加価値をもともるのか?などなどよく考えてベッドを選んで、快適な一人暮らしを過ごしたいですね。